• ホーム
  • Team FUTABA Report
  • 2015 F3A世界選手権

2015 F3A世界選手権 (開催期間:2015年8月9日〜15日 場所:スイス)

Futaba18MZがF3A世界選手権で優勝!

2015年F3A世界選手権がスイス デューベンドルフ空軍飛行場において8/9〜8/15の期間で行われました。スイスのF3Aフライヤーではジーゼンダンナー選手が有名で、世界チャンピオンに輝いた歴史が多くのスイス人に愛されています。今回の世界大会では世界35か国、101名の選手が集まり、ファイナリスト10名中9名がFutabaプロポで1,2,3位を独占!Futabaプロポの信頼性を実証しました。フランスのクリストフ ペイサン・ルルー選手は8度目の世界チャンピオンに輝き、2位にはFutabaフライトスタッフの音田が続きました。また今回3位についたのは今大会を最後に引退した世界のマット氏の教え子、ステファンカイザー選手(2014年ヨーロッパチャンピオン)が表彰台に上がり、ますますF3Aの世界を楽しませる若い存在に今後も注目です。今大会では90%が動力源にモーターを使用、Futabaフライトスタッフの秋葉、鈴木はO.S.モーターOMR-4043-172を搭載し参戦しました。今後も進化するモーターユニットにFutaba/O.S.も最先端の技術で世界をリードしていきます。

2015 F3A世界選手権
2015 F3A世界選手権
2015 F3A世界選手権